体を温めて健康に|いびきを指摘されたら便利グッズを使ってみよう
婦人

いびきを指摘されたら便利グッズを使ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

体を温めて健康に

レディ

温めよう

体を温めることで健康を意識し、女性特有の体の不調を解決していく活動を温活といいます。女性は男性と比べ、筋肉量が少なく、ダイエットや、妊娠や出産、更年期などホルモンバランスが乱れることがあることも影響し、冷え性が多いとされています。冷え性は血行不良の状態にあたります。ただ冷え性というだけでなく、腰痛や肩こり、生理痛や便秘、疲れやすいなどの不調を抱えている場合が多いです。温活は体を温めることで血行が良くなり、体の不調を改善できます。また、体温が1度上がると、それだけで病気にもかかりにくくなります。肌つやがよくなったり、太りにくくなるなど、温活はいいことづくめなのです。日常に取り入れることは難しいことではありませんので、毎日意識すること大切です。

内側と外側から温める

体を温めるには何が効果的かというと、直接温める方法と運動する方法、体を温めるものを食事に取り入れる方法、そして冷やさないことがあげられます。直接温める方法で一番手軽なのは入浴です。もし入浴が難しい場合は足湯でもかまいません。全身の血行が良くなり効果的です。運動は運動自体血流が良くなるのですが、筋肉が増えると発熱量も増えるため、効果があります。エスカレーターから階段に変えたり、一駅歩いたりするだけでも効果はあります。体を温める食べ物はしょうがやトウガラシが有名です。ただ、苦手な場合は無理して摂るよりもホットミルクやスープなどの温かいものを食べます。白砂糖は体を冷やす効果があるので、入れすぎないようにします。一番大事なのは冷やさないことです。冷たい飲み物を飲みすぎたり、薄着をしすぎてしまったりするとあっという間に冷えてしまいます。気をつけるだけで温活効果があります。