婦人

いびきを指摘されたら便利グッズを使ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の騒音に悩まぬために

いびき

自分で出来る対策は

周囲の人のためはもちろんのこと、自分自身にとってもいびきとは厄介な存在です。それゆえに改善を試みる場合は、病院での治療という方法もありますが、もっと簡単なセルフケアでの対策もあります。また、いびき防止専用グッズやアイテムなども市販され、手軽に実施できるために需要も高まりつつあります。まずは寝る時の姿勢は仰向けでなく横向きを基本とし、寝酒や睡眠薬などは控えましょう。また常に口呼吸を実施し、肥満を解消することも大切です。他にもタバコは止めて生活習慣を整えたり、口の周辺の筋肉を鍛えるエクササイズなども効果的です。あとは枕に関しては高さを調節したり、いびき対策専用の枕なども市販されているので、それを利用しても良いでしょう。もちろん枕以外にも、マウスピースや点鼻薬、ツボを刺激するリングや鼻や腕に装着するものなど、さまざまないびき対策グッズが市販されていますので、好みに合わせてそれらを活用し、改善に励みましょう。

病院での治療では

セルフケアでも対応は可能ないびきですが、症状が重い場合やセルフケアではなかなか期待するような改善効果が得られないといった場合は、やはり一度病院を受診した方が良いでしょう。そんな病院での対応としては、まずは受診するところは耳鼻咽喉科や一部の歯科医院、いびき外来などが対応可能です。特に、いびき外来は専門的な対応をしてくれるためにお勧めです。そんな病院での治療として、基本的な方法は歯科器具装置であるマウスピースや睡眠時無呼吸症候群によく利用される鼻マスクことCPAP療法、鼻や咽の外科手術に薬物療法などがあります。ただしこれらの方法の中でも薬物療法に関しては、補助的な役割が目的であるために根本的な改善とはなりませんので、他の方法と併用されることが一般的です。

枕で健康に

眠る人

睡眠は健康のために必要不可欠なものです。その睡眠の質を良くするには、自分に合った理想の枕を使用することが効果的です。直立姿勢を寝ている時もキープできる枕の高さが自分に合った枕なので、その高さを基準に、枕を選ぶことが健康のためになります。

詳しく見る

体を温めて健康に

レディ

自分の体を温めることで不調を改善していく活動が温活です。女性は冷え性が多く、それが原因で生理痛や便秘など、様々な症状を持っていることがあります。温めると改善されることも多く、美肌やダイエットにも効果があります。入浴や運動、食べ物に気を付け、冷やさないよう意識することが大切です。

詳しく見る

運動不足を予防する

女性

辛い肩こりの症状は、肩甲骨のストレッチをすることにより解消することが出来ます。かたまった筋肉をほぐすのに効果があります。パソコンやスマートフォンを長時間使用するときは、休憩を取りストレッチや体操をするようにしましょう。

詳しく見る

オススメリンク

  • 心地よい眠りにつくためにいびきグッズ徹底比較ガイド

    いびきで困っているならこちらをご覧ください。自分にぴったりなアイテムを見つけ出して改善に努めましょう!